top of page
Milleporte Logo

Customisation

「ホテル・ドゥ・マルク」の新たな伝統

HQEの方針に従ってリニューアルした「ホテル・ドゥ・マルク」(ヴーヴ・クリコによる宿泊施設)では、次のことを徹底して成し遂げ、今後の新たな伝統として掲げてゆきます。

1.冷暖房の80%で地熱を活用し、燃料による暖房を廃止すること。
2.ソーラーパネルによって、建物全体で必要とされるお湯の55%をまかなうこと。
3.全体のエネルギー消費を65%カットし、温室効果ガスの発生を90%低減させること。

Line Up

テキストテキストテキストテキストテキストテキストCentred

ヴーヴ・クリコでは、15年以上前から、サスティナビリティへの取り組みを行っています。

 

2022年発表の『VEUVE CLICQUOT ICONS(ヴーヴ・クリコ アイコンズ)』コレクションはまさに、そうしたヴーヴ・クリコの長年の取り組みを体現する、アイコニックなラインナップ。 今回は、ヴーヴ・クリコが企業として長年貫いてきた、環境との向き合い方や積極的なアプローチについて、詳しくご紹介します。

サスティナブルな美味しさを追求する、ヴーヴ・クリコのシャンパーニュ

  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter

Add paragraph text. Click “Edit Text” to customize this theme across your site. You can update and reuse text themes.

ブドウ畑・ワイン製造におけるサスティナビリティ

ヴーヴ・クリコのブドウ畑では、サスティナブルなブドウの栽培を全ワイン畑の100%で実施しています。

 

10年間で化学農薬の使用を40%削減することにも成功し、除草剤は100%不使用で管理。99%の害虫対策は虫に”性別混乱”を生じさせるテクニックを用いて行っています。 また、ワイン製造の工程では、製造過程で発生する廃水を100%処理すること、廃棄物を100%再利用する仕組みを完成させています。

 

それに加え、7年間でボトル1本あたりの水の消費量を53.6%、同じくボトル1本あたりの温室効果ガスを20%削減することにも成功しました。

企業として、地球環境保全に取り組む

ヴーヴ・クリコでは、製造の各段階においてワインを最大限の配慮をもって扱うよう、また消費、排出、廃棄物の点で出来る限り環境に対する影響が少ない製造工程となるよう、細心の注意を払ってワイン製造を行っています。 具体的には、まず、潜在的な環境リスクの監視とアセスメント批准を徹底すること。ヴーヴ・クリコの事業が生態系へとおよぼす影響の低減に努めること。方針を掲げたうえで、責任をもって実行するというパフォーマンス向上。また、全従業員や全パートナーに環境保護のための取り組みへと参加してもらうこと。そして、環境を尊重することや、サスティナブルな価値観を共有していくこと。 これらを軸に、様々な取り組みを展開しています。

テキストテキストテキストテキストテキストテキストCentred

ヴーヴ・クリコでは、15年以上前から、サスティナビリティへの取り組みを行っています。

 

2022年発表の『VEUVE CLICQUOT ICONS(ヴーヴ・クリコ アイコンズ)』コレクションはまさに、そうしたヴーヴ・クリコの長年の取り組みを体現する、アイコニックなラインナップ。 今回は、ヴーヴ・クリコが企業として長年貫いてきた、環境との向き合い方や積極的なアプローチについて、詳しくご紹介します。

サスティナブルな美味しさを追求する、ヴーヴ・クリコのシャンパーニュ

Line Up

テキストテキストテキストテキストテキストテキストCentred

ヴーヴ・クリコでは、15年以上前から、サスティナビリティへの取り組みを行っています。

 

2022年発表の『VEUVE CLICQUOT ICONS(ヴーヴ・クリコ アイコンズ)』コレクションはまさに、そうしたヴーヴ・クリコの長年の取り組みを体現する、アイコニックなラインナップ。

今回は、ヴーヴ・クリコが企業として長年貫いてきた、環境との向き合い方や積極的なアプローチについて、詳しくご紹介します。

サスティナブルな美味しさを追求する、ヴーヴ・クリコのシャンパーニュ

企業として、地球環境保全に取り組む

ヴーヴ・クリコでは、製造の各段階においてワインを最大限の配慮をもって扱うよう、また消費、排出、廃棄物の点で出来る限り環境に対する影響が少ない製造工程となるよう、細心の注意を払ってワイン製造を行っています。

 

具体的には、まず、潜在的な環境リスクの監視とアセスメント批准を徹底すること。ヴーヴ・クリコの事業が生態系へとおよぼす影響の低減に努めること。方針を掲げたうえで、責任をもって実行するというパフォーマンス向上。また、全従業員や全パートナーに環境保護のための取り組みへと参加してもらうこと。そして、環境を尊重することや、サスティナブルな価値観を共有していくこと。

 

これらを軸に、様々な取り組みを展開しています。

ブドウ畑・ワイン製造におけるサスティナビリティ

ヴーヴ・クリコのブドウ畑では、サスティナブルなブドウの栽培を全ワイン畑の100%で実施しています。10年間で化学農薬の使用を40%削減することにも成功し、除草剤は100%不使用で管理。99%の害虫対策は虫に”性別混乱”を生じさせるテクニックを用いて行っています。

 

また、ワイン製造の工程では、製造過程で発生する廃水を100%処理すること、廃棄物を100%再利用する仕組みを完成させています。それに加え、7年間でボトル1本あたりの水の消費量を53.6%、同じくボトル1本あたりの温室効果ガスを20%削減することにも成功しました。

エコデザイン

ヴーヴ・クリコでは、現在の取り組みとして「エコデザイン」にも力を入れています。

まず、温室効果ガス削減のための軽量ボトルを使用することで、5年間でボトル1本あたりのパッケージ重量を7%カットすることに成功しました。また、パッケージは多目的な使用と再利用を前提としてデザインを洗練させています。イエローラベルのために作った「デザインボックス」は、現在では完全に

エコフレンドリーなアイテムとなっています。

※商品紹介
VEUVE CLICQUOT
VEUVE CLICQUOT YELLOW LABEL BRUT DESIGN BOX ヴーヴ・クリコ イエローラベル ブリュット デザインボックス NV 白 750ml
ヴーヴ・クリコを代表する、すっきりとした辛口の

シャンパーニュ。心地よい爽やかさとフルーティなアロマが際立ちます。

ヴーヴ・クリコの環境保護ヒストリー

ヴーヴ・クリコは、ラグジュアリーな分野の世界的なリーダーとして、また長年培ってきた他に類を見ない価値の大きさからも、サスティナビリティに対して重大な責任を持つことを自覚してきました。15年以上前からあらゆる側面で積極的に行われてきたサスティナブルなアプローチを、時系列でまとめてみます。

1990年 持続可能なブドウ栽培をスタート。

1991年 Magisterネットワークの設立・登録。

1998年 すべてのプレス廃水を処理。

2001年 廃棄物の選別の実施。

2002年 二酸化炭素排出量削減目標を達成。

2004年 ISO 14001認証を取得。

2006年 エコフレンドリーなパッケージデザインの推奨を開始。

2007年 雨水回収システムを整備

2009年 再生可能エネルギーを採用。

2011年 HQE*の方針に従い、「ホテル・ドゥ・マルク」をリニューアル

2013年 ジャガイモのでんぷんから作られた業界初のシャンパーニュ用パッケージをデザイン

2014年 新しい「ナチュラリー・クリコⅡ」パッケージを発表

2015年 ブドウの皮を原料とした世界初のシャンパーニュ用パッケージをデザイン * High Environmental Quality(高環境品質)

Customisation

「ホテル・ドゥ・マルク」の新たな伝統

HQEの方針に従ってリニューアルした「ホテル・ドゥ・マルク」(ヴーヴ・クリコによる宿泊施設)では、次のことを徹底して成し遂げ、今後の新たな伝統として掲げてゆきます。

1.冷暖房の80%で地熱を活用し、燃料による暖房を廃止すること。
2.ソーラーパネルによって、建物全体で必要とされるお湯の55%をまかなうこと。
3.全体のエネルギー消費を65%カットし、温室効果ガスの発生を90%低減させること。

Line Up