top of page

レミー・マルタンを祝福する ― コニャックの精髄


Rémy Martin

上質なコニャックを味わうことは、気品と洗練が息づく、そして数世紀にも渡る職人技が凝縮された体験である。この中でも、最もこの精神を体現するのがレミー・マルタンである。1724年から続く豊かな歴史により、レミー・マルタンは、卓越したコニャック製造と無類のクオリティの象徴となっている。コニャックはフルーツから作られるブランデーの一種で、フランスのコニャック地方で上質な香りを持つ葡萄のみを使用して作られる。本記事では、レミー・マルタンの背景に迫り、緻密なコニャック製造工程を探り、彼らが誇る3つのセレクション、レミー・マルタンVSOP、レミー・マルタン1738、レミー・マルタンXOの独自のニュアンスを徹底解説する。

 

レミーマルタンの歴史

cognac

レミー ・マルタンは、1724 年にレミー マルタン自身によってフランスのコニャック地方の中心部に設立されました。 最高級のコニャックを製造するという揺るぎない決意を持ったレミー・マルタンは、 その卓越した職人技と最高品質のオー・ド・ヴィーのみをブレンドするという献身的な姿勢ですぐに認められるようになりました。 レミー・マルタンは、世代を超えて受け継がれ、家族の絆を基盤にし、伝統と革新を融合させたものです。 レミー・マルタンは、コニャック・ファイン・シャンパーニュを造る唯一の主要なコニャックメゾンです。

 

レミー・マルタンのクラフツマンシップ

grapes

完璧なコニャックを作るためには、最高の原材料の選択から始まる緻密な製造プロセスが必要です。レミー・マルタンは、コニャック製造に最も求められる葡萄を生産するグランシャンパーニュ地方(最低限50%)とプティシャンパーニュ地方からの葡萄を独占的に使用しています。両テロワールを組み合わせることでファインシャンパンが生まれます。これらの優れた葡萄は慎重に収穫され、小さな銅の蒸留釜を使用して2回蒸留され、現代の大量生産方法よりもより深く芳醇な味わいを生み出します。蒸留後、オーク樽で少なくとも2年間熟成させ、熟成プロセスが最終製品の奥行きと複雑さを開発する上で重要な役割を果たします。レミー・マルタンは、各クリュのオードヴィを選択されたオーク樽で熟成させる独自かつ繊細な「熟成樽仕上げ」と呼ばれるプロセスを採用しており、コニャックにさらなる洗練さと個性を加えています。

 

レミー・マルタンのセレクション

Rémy Martin XO

レミー・マルタンの傘の下では、3つの異なるセレクションが際立っています:レミー・マルタンVSOP、レミー・マルタン1738、そしてレミー・マルタンXO。それぞれのセレクションは、レミー・マルタンのマスターブレンダーの芸術と専門知識を見せるユニークな体験を提供しています。


レミー・マルタンVSOPは、最低でも4年間熟成させたオードヴィの調和のとれたブレンドを提供し、バランスの取れた多用途なコニャックです。そのビロードのような質感、フルーティーな香り、繊細な花のノートが、ハウススタイルを体現しています。


レミー・マルタン1738は、ルイ15世がレミー・マルタンに新しいぶどう畑の権利を与えた1738年にちなんで名付けられ、フレンチオーク樽で追加熟成されています。この時間の加算により、深いアンバーカラー、熟れた果実の豊かな風味、微妙なスパイス感が生まれ、洗練された円熟した表現に結びついています。


レミー・マルタン XO は、セラーマスター ブランドのシグネチャーです。 何百ものオー・ド・ヴィーをブレンドしたレミー・マルタン XO の一滴一滴には、比類のない複雑さが含まれています。豪華なマホガニー色、イチジク、シナモンの贅沢な香り、乾燥果実とナッツの力強い風味が特徴で、この特別なコニャックはストレートまたは氷を入れアイスで楽しむのが最適です。理想的なペアリングとしては、XOはシガーやチョコレートと一緒に楽しむことができます。

 

レミー・マルタンの誇る伝統、妥協のない品質へのこだわり、そして細心の注意を払ったコニャック製造プロセスにより、ブランドは卓越のシンボルとして確立されました。レミー・マルタンVSOPの親しみやすい洗練さ、レミー・マルタン1738の洗練された魅力、レミー・マルタンXOの豪華な贅沢感、どのセレクションもコニャックの芸術への旅に招待します。


 


ご購入はこちら


Rémy Martin VSOP 700ml

RÉMY MARTIN

VSOP 700ml





Rémy Martin 1738 750ml

RÉMY MARTIN

1738 750ml





Rémy Martin XO 700ml

RÉMY MARTIN

XO 700ml



最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page