top of page

秋を楽しむカクテル


cocktails to enjoy this autumn

日本の秋は、その鮮やかな色彩と涼しい風に特徴づけられた美しい季節です。多くの人にとって、夏休みの後に仕事や学校に戻る忙しい時期でもあります。その喧騒の中で、私たちは季節のシンプルな楽しみをゆっくり味わり忘れがちです。友達とクラシックなカクテルを楽しむことは、まさにそのような楽しみ方の一つです。この記事では、この季節に見逃せない3つのカクテルを紹介します。

 

ザ・サボイ・タンゴ

THE SAVOY TANGO

ザ・サボイ・タンゴは、有名なバーテンダーであるハリー・クラドックが1930年代の禁酒法時代にロンドンのサボイ・ホテルで創られたとされています。

  • スロー・ジン 40 ml

  • アップルジャックまたはカルバドス 40 ml

  • ガーニッシュ用:乾燥したリンゴの薄切り

 

ブロンクス

BRONX

ブロンクスは、1906年のニューヨークシティに遡るクラシックで爽やかなカクテルです。このカクテルは、有名なウォルドーフ・アストリア・ホテルのバーテンダー、ジョニー・ソロンによって巧妙に作られ、新しいブロンクス動物園のグランドオープニングを祝うために提供されました。

  • ジン 40 ml

  • ベルモット ルータン・ルージュ 15 ml

  • ベルモット ルータン・ドライ 15 ml

  • オレンジジュース 30 ml

 

エスプレッソ・マティーニ

ESPRESSO MARTINI

「サイドカー」は、コニャック、エスプレッソ・マティーニは、コーヒーとウォッカの風味を組み合わせた、リッチで香り高いカクテルです。このカクテルは1980年代にロンドンのバーテンダー、ディック・ブラドセルによって作成されました。レシピには新しく淹れたエスプレッソ、ウォッカ、コーヒーリキュールが必要です。、レモン果汁で作る古典的なカクテルです。 このカクテルの起源は諸説あり、1930年代に2人の作家がこのレシピを2つのバージョンで発表し、各々その起源を主張しました。曰はく、このカクテルが誕生したビストロの常連である船長が、ビストロまで往復するのに使っていたのがオートバイのサイドカーだったということですが、ビストロの名前はパリのものとロンドンのものとで現在も統一されていません。ミレポルテでは、フランス語バージョンのレシピをご提案します。

  • ウォッカ 45 ml

  • コーヒーリキュール(カルーア) 15 ml

  • 新しく淹れたエスプレッソ(またはコールドブリューコンセントレート) 30 ml

  • シンプルシロップ 15 ml

  • ガーニッシュ用:コーヒー豆

 

秋は変化と移り変わりの季節であり、その季節を楽しむために美味しいカクテルを良い仲間と共に楽しむ方法はありません。 自宅でこれらのドリンクを作ってみるか、次回街のミクソロジー バーに行った際に注文してみてください。 季節の変わる色と素晴らしい仲間に乾杯しましょう!

 


ご購入はこちら

MONKEY 47 SLOE GIN

MONKEY 47

Sloe Gin 500ml






VERMOUTH ROUTIN ROUGE



VERMOUTH ROUTIN

Rouge ベルモット ルータン ルージュ NV 赤 750ml



VERMOUTH ROUTIN DRY

VERMOUTH ROUTIN

Dry ベルモット ルータン ドライ NV ドライ 750ml


最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page